36Re-start 〜行動こそが人生をかえる〜

Mac初心者が、ライフハック 仕事術 エクセルをわかりやすく紹介。

ストレングスファインダー2.0を実施しました。

time 2017/06/02

ストレングスファインダー2.0を実施しました。

本日の写真【ストレングスファインダー2.0】
どーも@aitanpapaです。

ストレングスファインダー2.0を実施しました。(平成29年5月11日)

ブログなどでも、話題になっており本の価格もやや高めでしたが、思い切って実施してみました。

ストレングスファインダーによると

「自分だけの特徴的な資質」は成功につながる資質を最大限に生かすために重要です。
「自分だけの特徴的な資質」に個別に、およびそれらを組み合わせて着目することによって、自分の資質を認識し、それらを強みにまで伸ばし、絶えず完璧に近い実績をあげて個人的生活とキャリアの成功に結びつけることができます。

とのことです。

所要時間は40分程度だったような気がします。
あまり考えずにどんどん進めます。
〜詳しい進め方は他の方にお譲りします〜

結果は・・・

僕の自分だけの特徴的な資質は  
「着想」  「自我」  「目標志向」  「慎重さ」 「分析思考」

とのことです。

具体的に結果を読んで見ると。

「着想」
僕は物事の結びつきを見つけることに興味をもつようです。
複雑に見えることを、説明できるようにしたり、問題に対して新しい発見があると、好奇心を掻き立てられるようです。
独創的な考え方や、新しい理論が考えつくと 幸せだそうです。

「自我」
意義ある人間として他人の目に映りたい という願望があるそうです。
いわゆる 承認欲求があるということなのかな。
また、独立心旺盛で、自分の好きなように仕事をすすめたい。
自分の裁量で進めたい。という願望があるようです。

「目標志向」
自分はどこに向かっているのか?常に質問しているようです。
明確な目標がないと、苛立ちを覚えるそうです。
また、チームが目標からずれないように行動するそうです。

「慎重さ」
自分のことをあまり話したがらないそうです。
また、何かがうまく行かなくなる場合に備えて対策を考えたりするそうです。
友人を慎重に選ぶそうです。
リスクを推しはかり慎重に進むそうです。

「分析志向」
データやパターンを好む傾向があるとのことです。
物事に理論を求める傾向があるとのことです。

やってみての感想。

非常によかった。と思います。
えっなんでわかるの?
と思いました。過去記事にも僕の傾向が現れています。

例えば・・・・・
着想→突飛なことを言い出すことが多い。
自我→人からやり方を押し付けられるのがあまり好きではない。
など、思い当たる節はあります。

強み=弱み

強みは、同時に弱みも生み出します。
しかし、本書によると弱みを消すのではなく、強みを磨くことに注力しなさい。
と言っています。
多くの人は弱みをどう消すかに、注目し改善しようとします。
しかし、そうすると本来もっている強みを活かせない結果になるんじゃないかな。

幸せに生きるために・・・

自分らしく生きることが一番幸せです。それは、同時にワガママと取られるかも知れません。
しかし、そこに配慮しながら自分らしく生きればいいのかなと・・・・・
そう思いました。
僕は、この結果を生かすために結果を、毎月読み返すことにしました。
また、行動計画ツールというのが付いており、どのように今後行動すべきか?
アドバイスしてくれるツールが、特典としてついてきます。
こちらも、毎月読み返します。
皆さんもぜひ、強みを活かして人生を楽しみましょう。

※本書を参考に、僕個人が感じたことを書き綴りました。正確な内容につきましては本書を参照してください。


【編集後記】
今回は、書きながらブログを続けるモチベーションにつながりました。
僕がブログをやろうと思ったのは、完全に自分の特質の影響です。

mamorioという商品を使っています。
忘れ物防止のための商品ですが、アマゾンランキングのAmazon Launchpad
革新的なスタートアップ製品を取り扱うAmazon Launchpadストアのランキングをご紹介。
という部門で1位でした。
確かにいい商品です。色も選択肢が増えていました。

FeBe

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

aitanpapa
アラフォーの3人子持ち。

36歳の時に、読書を開始し、自分で獲得する知識に、目覚める。

非効率な福祉業界の、生産性を高めるのが目標。

Mac Excel 仕事術など誰もが、
わかりやすいように伝えていきたい。

保有資格
介護支援専門員(ケアマネジャー)
大型免許(笑)
第一種衛生管理者

オーディオブックおすすめリスト

カテゴリー



sponsored link