36Re-start 〜行動こそが人生をかえる〜

Mac初心者が、ライフハック 仕事術 エクセルをわかりやすく紹介。

バフェットから学んだ自分らしさ。

time 2017/06/28

バフェットから学んだ自分らしさ。

本日の写真【あしかがフラワーパーク】ここの藤棚は圧巻です。
どーも@aitanpapaです。

編集後記でも少し、書かせていただきましたがこの本を読んでいます。

そこで、気づいたことを今回はまとめたいと思います。

投資の賢人バフェット

ウォーレン・バフェット皆さんは、この方の名前を聞いたことがありますでしょうか?
僕は、名前だけは聞いたことがありました。

投資の世界では、「オハマの賢人」と呼ばれ、一代で財を築いた神様的な存在です。

バフェットの投資に関する考え方はベンジャミン・グレアムの理論をベースとしている[63]。株式が企業の一部であることを意識し、市場に惑わされず、安全余裕率を忘れないことが重要な要素だとしている。ウィキペディアより

簡単にいうと、バフェットの投資は驚異的ですが、手法は流行から一線を画し企業や人をみるということにベースをおいています。

バフェットが幼いころから金持ちになりたかった理由。

バフェットは、幼い頃から金持ちになりたいと考えていた。普通なら、「贅沢な暮らしをしたいから」「お金が大好きだから」だろう。  しかし、バフェットは違った。お金があれば自立できるからだった。他人に指図されずに、自分の人生を生きたかった。

と、文中にあります。
お金があれば=「自分で人生を決められる。」
というわけではありませんが、一つの重要な要素であることは間違いないでしょう。

多くの人は、自分で人生を決められない。

今は情報過多の時代です。
インターネット、テレビなど情報が洪水のように流れてきます。
洪水の中で、自分という船の舵取りをするのは、困難を極めます。
多くの人は、うまく舵を取るために、レビューやランキングを調べ,そして選択しています。
それが、悪いとは僕は思いません。(どちらかというと好きな方です。)

しかし、知らず知らずの内に、皆横並びの方に流されてしまいます。
洪水の中で、自分らしさを目指すのは極めて難しいです。

あえて、「見ない。」「やらない。」ことも必要。

バフェットは超がつくぐらいの金持ちです。
ですが、住んでいることろはアメリカのオハマという田舎です。
バフェットは言います。

必要なのは洪水のような情報ではなかった。よけいな雑音から離れたほうが考えがまとまり、優れた決断ができる。そこに気づいたことがオマハでの成功を導いたのだ。

と、情報がありすぎることは、正しい判断の弊害になるということです。
だから、住む場所がどうこうではく、「見ない。」「やらない。」ということも
自分で人生を選択するには必要だということです。

僕も、お金に執着している。

僕も、お金に執着しています。
妻に、「あなたは、お金が大好きね。」とよく言われます。

きっとそれは、Excelを使って家計分析をしたり、投資をしているからでしょう。
今までは、それが悪いことの様に思っていました。
しかし、贅沢な暮らしや、大都会に住みたいとは一切思わないのです。
お金大好き=贅沢大好き
が繋がらないので、実は悩んでいました。

何故なんだ・・・・・と
それが、バフェットの考え方に触れることによってスッキリしました。

僕は、人生を自分で決めたいと思っているからお金に執着するんだと。

清貧という考えを持ってはいけない。

皆さんは、清貧という言葉をしっていますか?

私欲をすてて行いが正しいために、貧しく生活が質素であること。「清貧に甘んずる」

というの意味ですが
「私欲を捨てないと、清く正しくなれない。」
といことではないと思うんです。
多くの日本人にはこの清貧という思想が、間違って浸透しているために

お金好きは嫌われます。
でも一方で世界の現実として、金持ちがいなければ慈善事業おこなってい多くの人を助けています。
これは、理由は色々あると思いますが現実です。
貧しい=清らか=多くの人に貢献できる。
3つは必ずしもイコールではないです。
よって清貧という思想は、良いとは言い切れません。

人生を選択できるのは自分。人生の舵取りを取り戻そう。

人生を選択できるのは自分です。
ですが、困難であるために多くの人がその選択権を放棄してしまいます。
ですが一生は一度です。
高齢になった時、死の床についた時。
自分の人生を振り返ることがあるでしょう。
その際に、主体的に生きたことはきっと自分の財産になるはずです。
きっと。。。。


【編集後記】
今回は、勢いで書きました。
それにしても、読書は素晴らしいです。色々な気づきを得られますね。

人生の悩みを解決するには、図書館に行け。
と言われるぐらいですから。
多くの自治体で、図書館ネット予約→カウンターで受け取りというシステムが採用されています。
皆さんもお近くの図書館で書籍を借りて見てはいかがでしょうか?
最近の本も一杯ありますよ。

オーディオブックも僕はオススメしてます。
FeBe

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

aitanpapa
アラフォーの3人子持ち。

36歳の時に、読書を開始し、自分で獲得する知識に、目覚める。

非効率な福祉業界の、生産性を高めるのが目標。

Mac Excel 仕事術など誰もが、
わかりやすいように伝えていきたい。

保有資格
介護支援専門員(ケアマネジャー)
大型免許(笑)
第一種衛生管理者

オーディオブックおすすめリスト

カテゴリー



sponsored link