36Re-start 〜行動こそが人生をかえる〜

Mac初心者が、ライフハック 仕事術 エクセルをわかりやすく紹介。

有能な人材に任せすぎる危険性について

time 2017/08/09

有能な人材に任せすぎる危険性について

本日の写真【富良野にて】シンプルな風景は何よりも勝ります。
どーも@aitanpapaです。

sponsored link

今回は、組織作りについて考えていきます。

有能な人材ってどこの職場にもいますよね。
いわゆるエースというやつです。

頼り甲斐があり、なんでもそつなくやってしまう。
あの人に任せれば大丈夫。
今日はあの人がいるから・・・
等々・・・

エースの存在は大きくなっていく訳です。
本人も頼られていることに満足感をもち、モチベーションも高い。

果たしてこれはいい状態と言えるでしょうか?

僕は、そうは思いません。
理由としてはいくつか挙げられると思います。

有能な人材が退職(病気)したら崩壊する。

あなたの職場のエースが突然いなくなったら
と想像してみてください。
ゾッとするようだったら危険です。

その人しか知らない情報、作業などがありませんか?
結果はだすけど何しているかわからない。
つまり、ブラックボックス化している訳です。

退職、病気、事故、不祥事などで何時でもエースはいなくなる可能性はあります。
仕事が集中することで危険性は高まります。

人が育たない。

エースに仕事は集中します。
そのことによって、他の人が育たないリスクがあります。
育てる機会が減る訳です。

共通のやり方(マニュアル)がつくれない。

エースしかできない仕事がありませんか?
それは、その人の知識や経験、技術に頼ったやり方です。
他の人に任せると、とてもできない。
そんなことになってしまいます。
よって、マニュアル化もできず。
さっき言ったようなブラックボックス化してしまう。

有能な人材の提案を受け入れるしかなくなる。

エースが言うんだから・・・・・
と新しいシステムを入れてしまったり
機材を買ってしまう。
また、人を雇ってしまう。

「僕(エース)は限界です。新しい人を雇ってください。」
なんてね。
経営者としては、発言力が強いもんだから従わざるを得なくなるわけです。
そして頭数が多くなる。人件費圧迫。
そんなことになりかねません。

どうでしょうか?パッと思いつくだけでもこんなにあります。

リスクをどう防いでいくか?

どう防いでいくか?
それには、意外かもいれませんが金融のリバランスという知識が役立ちます。
以前金融知識の必要性について書かせていただきました。

リバランスとは?

株式や債権など月日がたつにつれ、値上がりや値下がりをして知らないうちにリスクを多く取ってしまっている。
比率を定期的に見直し、リスクを取りすぎないようにしていく。
僕はそのように解釈しています。

定期的に見直すことが必要。

と言うことです。
これは、うまく言っている時でもやる必要があります。
なぜなら、突然やると左遷や人事異動などを意識させてしまうからです。
普段から、負担が集中しないように運営していくと言葉にすることもいいでしょう。

現在人不足により、人材を育てることや、獲得することに焦点が当たりがちですが・・・
僕はバランスを取っていくことも重要だと感じています。


【編集後記】
チャイルドシート付き自転車が、納品されました。一番上の子は自転車には乗れますが
それを使って出かけることはまだまだです。

下の子を乗せて一緒に練習し、上の子の行動範囲を広げていきたいと思います。
先日、子供3人を布団で川の字にさせてみました。
子供って成長しますね。うまい具合に川の字になっていましたよ。

ハーフマラソンまで後、 102日。

僕は紙の書籍の他に、オーディオブックもオススメしています。
お気に入りのオーディオブックはこちら
FeBe

sponsored link

down

コメントする




プロフィール

aitanpapa
アラフォーの3人子持ち。

36歳の時に、読書を開始し、自分で獲得する知識に、目覚める。

非効率な福祉業界の、生産性を高めるのが目標。

Mac Excel 仕事術など誰もが、
わかりやすいように伝えていきたい。

保有資格
介護支援専門員(ケアマネジャー)
大型免許(笑)
第一種衛生管理者

オーディオブックおすすめリスト

カテゴリー



sponsored link